aa アイピルの避妊率|羽目を外す日はアフターピル!避妊薬を知って大事にするアイピル

MENU



参考サイト

羽目を外す日はアフターピル!避妊薬を知って大事にするアイピル

アイピルの避妊率

避妊に失敗してしまった際に使う可能性の出てくるアフターピル。
使う機会は早々ないと思いますが持っていて悪いものではありません。いざというときのために近くに置いておくことも必要ではないかと思います。
そもそもアフターピルとはどういうものかですが、性行為後に妊娠しないために摂取するピルの一種です。性行為の後にどうして効果があるのかというと、たとえ膣内射精したとしても妊娠までには時間がかかるからです。排卵し受精して受精卵が着床するまでにおよそ10日ほどかかります。それまでの間に子宮内膜を剥がしてしまう、つまり強制的に月経を行うようにするのがこの薬の効果です。
普通のピルよりも女性ホルモンが多く含まれており出血等の症状は出ますが、身体をある程度コントロールする関係上ある程度の副作用は致し方ありません。
基本的に妊娠する確率というのは8%から15%ぐらいと言われており、その確率に対し薬の阻止率が80%。つまり妊娠しない確率を98%まで落とし込めることになります。避妊を失敗した性行為からなるべく早い服用が効果的であり、薬としては72時間以内を限界としています。12時間以内に服用できれば72時間での服用に対して妊娠回避の確率は8倍の差がでるようです。
いざという時のために忍ばせておきたいこの薬。こうなってくると気になるのはその値段ですが、ヤッペ法と呼ばれるやや古いタイプのものでは5000~7000円。ヤッペ法を改良して厚労省が許可したものであるノルレボ錠は3000~15000円となっています。副作用などのリスクを考えるとノルレボ錠がおすすめですが値段は高くなる傾向にあります。値段が変動するのは保険証が適用されない自由診察となるため通ううクリニックに依存するためです。どちらにしろ費用というのはそれなりに掛かるようになっています。
そこで紹介したいのがノルレボ錠のジェネリックであるアイピルという避妊薬です。ジェネリック医薬品であるため価格はかなり安く1000円ほどにまで価格が下がります。もちろん成分は同じですので効果も変わりません。日本で作られていないため海外からの通販である個人輸入代理店を利用することになりますので購入店などの信頼性に気をつけるなどの注意点はありますがとても有用な選択肢だと思います。
常用するような薬では無いため、使う可能性のある分だけ手元に置いとく為にも通販は気軽で簡単です。
望まない妊娠を避けるためには避妊が大事ですが万が一に備えてアイピルのような避妊薬を持っておくと、精神的にも安心できますし、いざという時に慌てなくて良いのではないでしょうか。