MENU



参考サイト

羽目を外す日はアフターピル!避妊薬を知って大事にするアイピル

妊娠と中絶

男性とおつきあいをすると、ごく自然と性交渉が行われます。
相手との気持ちを確かめていくことの触れ合い方として、もっとも尊いものです。お互いの体温をわかちあい、自然と気持ちが通じあうことが多く、一生の間柄を作っていけます。
結婚して、子どもを産み育てていくのが自然の流れであり、昔から当たり前のことでした。最近は女性も社会進出が進んできて、自分のキャリアを作っていけるようになりました。働くことのほかに、女性自身の価値を高めるために自分をみがく自由な時代です。しかしながら、その流れで男性とおつきあいをすると、自然と性交渉に流れていくことが当たり前のことです。このときにうっかり避妊を忘れていた、または気づかずに女性側が生理が来そうだった体のサイクルだった時に、性交渉のタイミングで妊娠がわかることで、大きなショックをうけてしまいます。相手から生理が遅れている話があったり、気分がよくない状態が続いたら、婦人科にてしっかりと確認してもらいましょう。もし気づいたら何か方法をとるように考えてください。
体は大丈夫なのか、このまま子どもを産んでも大丈夫なのかをしっかりとよく話し合ってみて、今は子どもを育てられないことがわかったら、中絶という選択をします。女性の体はデリケートですので、人工的に子どもを外に出す手術は体もこころも大きなショックを与えますから、早い時期に行うと体の負担が軽くなります。もしもと思ったらすぐに検査薬でチェックできます。
それぞれの年代で、子どもを産み、育てる環境が整わないことがありますが、すでに子育てが終わった女性にも思わぬ妊娠がわかることもわかりました。年齢の上がった女性の体は生理がなくなるように進んでるために、避妊に注意することはないと過信して久しぶりにたった1回の性交渉をしただけで失敗して戸惑うこともあります。そのあとの生活設計では、やはり中絶を選ぶことがあります。これから子育てをするにも、経済的にも大変な時期にもあたるために、もしも体か更年期になっていてもパートナーとの性交渉をする時でも若い時と変わらずに子どもを作らないよう対策をとりましょう。
このような悲しいことをおこさないためにも、女性には生理がある限り子どもはできることを頭に入れておくことです。性交渉のときには知識をもって、安全に行うことで気持ちを癒やしながら、相手との信頼を作っていきましょう。