MENU



参考サイト

羽目を外す日はアフターピル!避妊薬を知って大事にするアイピル

緊急時にアフターピル

妊娠を望んでいないの避妊に失敗してしまった。
そのような事を経験したという方はいらっしゃるのではないでしょうか?
次の生理がくるまで生きた心地がしないなど、ドキドキの毎日を過ごしたことでしょう。
このような緊急時に服用する避妊薬のことをアフターピルと言います。
性行為後72時間以内に服用する事で、失敗を無かったことにすることができるのです。
アフターピルは別名緊急避妊薬とも言い、緊急時に服用するピルです。
時間との勝負で72時間以内に服用する事で80%、24時間以内に服用する事で98%、12時間以内に服用する事でほとんど妊娠することはないと言っても過言ではないでしょう。
アフターピルで代表的なのがノルレボ錠です。
しかし日本で認められるようになったのはごく最近で、多くの方が海外から個人輸入などして購入していました。
アイピルという製品がメジャーで多くの方がアイピルを選択しています。
アイピルはノルレボ錠のジェネリック薬品という位置づけで効果や作用などは全く同じです。
しかし後から開発されたものなので、値段が10分の1程度で購入できるのです。
日本国内では緊急避妊薬は保険適用外ですべて自己負担となります。
海外からジェネリックを購入するだけその負担を減らすことができるのです。
海外から購入するときに注意をしなくてはいけないのが、購入してから手元に届くまでに時間がかかってしまう事です。
10日~14日程度かかるとされており、日本国内の通販と同じように早く届くという事はないのです。
緊急時に服用したいのに、そこまで時間がかかっては意味がありません。
そこで緊急時に備えて多くの人がお守り代わりに常備しているのです。
妊娠を求めていないのに、避妊されなかったり失敗してしまった場合負担がかかってしまうの女性です。
自分の体を守るためには自分自身しかいない事をよく理解しましょう。
では、毎回失敗したら使用すればいいのかなどと考えてはいけません。
あくまでも体へのデメリットが多いことからあくまでも緊急時にのみ使用いたしましょう。
もちろん最初から妊娠を望んでいないのであれば必ず他の避妊方法もとるようにして下さい。
コンドームは避妊だけでなく性病予防にもなります。
避妊率は決して高くはないですが、性行為のマナーとしてコンドーム必須アイテムとなっています。